ペニスを大きくするためのトレーニング方法について

ペニスを少しでも大きくしたい。ペニスの大きさは男性の誇りと考える人は多く、ペニス増大のための様々なトレーニングが生まれる理由にもなっています。

ただし、怪しげなトレーニング方法が目に付いてしまうことも珍しくなく、本当に大きくなるのかという疑問も浮かびがちです。

ペニスを大きくしたいのであれば正しい知識を身につけていくことが大切になります。謝った知識を元にトレーニングをしても時間の無駄になる可能性が高いためです。

まずはしっかりとペニスサイズが大きくなる理由を学び、実践していくことが大切なのです。

下半身を鍛えることでサイズアップを目指すのが基本に

スポーツ選手はペニスのサイズが大きいという話は誰しも聞いたことがあるはずです。

根拠の一つになっているのが体を鍛えていることです。ペニスは海綿体といわれる細胞と、下腹部から繋がる筋肉とPC筋と呼ばれる筋肉で構成されています。

海綿体は血が流れることによって膨らみ、サイズアップに貢献します。下半身を鍛えて流れる血流の量を増やし、ペニスを支える筋肉も増大させればサイズアップに繋がるのです。

下半身を中心としたトレーニングは有効で、実際にサイズアップに成功した人もいます。かかわりのないように見える運動が大きく貢献することもあるのです。

腹筋でお腹から下腹部に至る筋肉を鍛えるのは王道

ペニス増大のためのトレーニングの王道が腹筋です。腹筋を鍛えることで下腹部を含めた筋肉が鍛えられるだけでなく、下半身に至る血管も強化することができます。

お腹周りの引締め効果も加えると、さらにペニスが大きく見えるようになるのもポイントになります。

腹筋をする場合は勢いをつけすぎないことと、ひざを90度に曲げて脚に負担をかけないようにすることが大切です。勢いをつけすぎると遅筋と呼ばれる筋肉が鍛えられず、トレーニング効果が弱くなってしまいます。

腹回りの引締めを目指す場合は上半身を起こす際に横を向くひねりを加えるのがおすすめで、わき腹の筋肉を鍛えることでより締まった体つきを目指すことができます。

太ももを鍛えるのに効果的なのがスクワット

スクワットは全身の筋肉をバランスよく鍛えられることで有名です。特に太ももへの負荷が強く、効率的に下半身を鍛えることができます。太ももには体から足先に伸びる太い血管が通っているのもポイントで、力強い勃起にも影響します。

太ももに負担がかかる体位では射精ができない人がいるなど、影響も大きいのです。

スクワットをする場合は脚を肩幅程度に広げることや、つま先を外側に向けて開くことが重要になります。腰を落とすように動かして太ももに負担をかけることを意識します。

ひざの動きを中心にしてしまうとスクワットのトレーニング効果が薄れるため、スクワットを繰り返して太ももが疲れない場合は体重のかけ方などを見直す必要があるのです。

直接ペニスを鍛える方法も存在する?

下半身を鍛えるのではなく、直接ペニスを鍛えてペニスの増大を目指す方法もあります。

鍛えるというよりも下腹部に埋まっているペニスを引っ張り出すようなものもありますが、実際にサイズ増大を実感している人もいるのです。

ただし、直接ペニスをきたえてサイズアップをしようとする場合は力加減に気をつける必要があります。余りに力を入れすぎるとペニスの細胞を破壊してしまう可能性があるだけでなく、不感症の原因となることがあるからです。

刺激を与えすぎると膣圧で射精ができなくなるなども問題が生じる場合もあります。やりすぎることが危険なことも含めて、自分でリスクをコントロールする必要があるのです。

下腹部に埋まったペニスを引き出すプルピング

ペニスは下腹部に埋まった部分があり、サイズが小さく見える原因となることがあります。埋まったペニスの根元を引き出すのがプルピングです。

方法は簡単で、勃起していないペニスの根元を掴み、前、下、上の方向に30回ほど引っ張るだけです。

肥満気味でお腹にペニスが埋もれがちな人には有効ですが、痩せ型体型の人には効果が薄いケースもあるため注意が必要です。

血流を良くすることでサイズアップをはかるミルキング

ミルキングは牛の乳絞りのようにペニスを握って絞るように動かすのが特徴です。

入浴時などの血流が良いときにローションやボディーソープをつけ、指の滑りを良くして刺激が強すぎないように工夫するのもポイントです。これはすべりが良くないと刺激が強すぎてトレーニング効果が薄れる可能性があるためです。

ペニスは半勃起の状態で行います。完全に勃起してしまうとオナニー状態と川原なくなってしまうためコツを掴むまで時間がかかるケースもあります。

次に人差し指と親指で円を作るようにペニスを握り、亀頭部分に向かって指を一本一本順番に握り血流が先端に流れるように刺激していくのです。

5分から10分程度を目安に行うのが一般的です。

早漏対策にもなるのが魅力のカリオナペス

カリオナペスはペニス増大だけでなく早漏対策にもなるといわれています。

半勃起の状態を保ったまま射精をせずに維持をすることで海面体に流れる血流を増大させ、サイズアップを目指します。

血流が流れるほど成長ホルモンの分泌が活発になると言われていて、血管の強化とあわせて内側からペニスを鍛える方法になります。

注意したいのは時間です。カリオナペスは1時間から3時間程度半勃起状態を維持する必要があります。

射精をすると効果が薄れるのもポイントで、ペニストレーニングの中でもハードなものになっています

トレーニングにはサプリメントなどで栄養を補うことも欠かせない

ペニスのトレーニングで過かさせないのがサプリメントの存在です。

これはペニス増大のトレーニングを行っても、ペニスが成長するだけの材料がなければ無駄に終わる可能性があるからです。筋トレの際はプロテインを摂取した方が効率が良くなるように、ペニストレーニングでも栄養を補助していく必要があります。

下半身を強化するトレーニングであればそのままプロテインを利用していく方法もあります。

ただし、運動量が少ないままプロテインを飲んでも太ってしまう可能性があるため、量を加減するか運動量を増やして対処する必要があります。

ペニス増大サプリメントを利用するのも方法です。ペニス増大サプリメントは血管を拡張し、成長ホルモンの分泌を促す成分が入っているものが多いからです。

たんぱく質やアミノ酸を積極的に補うことがプラスに

ペニストレーニングをする場合はたんぱく質やアミノ酸を補うことが大切になってきます。

たんぱく質は人間の筋肉や細胞を構築する大切な材料で、アミノ酸はたんぱく質をより細かく分解したものです。体を鍛えてサイズアップを目指す場合はまずたんぱく質やアミノ酸を摂取するのが基本になるのです。

アミノ酸はたんぱく質より細かい分、体への吸収効率が良いのが魅力です。増大サプリメントはアミノ酸が豊富に含まれたものが多く、食事で不足しがちなミネラルとセットになっているのもが多くなっています。

日ごろから食事に気を使っている場合はプロテイン、ミネラル不足を感じる場合は増大サプリなど使い分けも可能です。

ペニストレーニングの中には半勃起状態を維持しなければならないものも含まれているため、勃起状態を維持すると意味で増大サプリが役立つ場合もあります。

ペニス増大サプリ ランキング

関連記事

NO IMAGE

増大サプリと精力剤の違いとは?

NO IMAGE

もう大丈夫!継続は力なりでペニスの大きさが改善できる方法

NO IMAGE

早漏を治すためのトレーニング方法について

NO IMAGE

日本人のペニスの平均の長さは?海外と比べると小さいのか?