増大サプリと精力剤の違いとは?

ペニスサイズに自信が無い日本人男性は、ペニス増大サプリを使ってサイズアップを狙う人が少なくありません。

ペニス増大サプリが日本国内に入ってきてからの年数が少ないために、精力剤との違いが良くわからない人が多い現実があります。

日本国内では従来から販売されてきた漢方薬や生薬を主体として精力剤と、日本古来のすっぽんやマムシといった動物系の精力剤があったわけです。

ペニス増大サプリは、精力剤と目的している成果が異なるので競合するものではなく、相互作用をもたらすことが出来れば使用者にとってプラスに働きます。

ペニス増大サプリと精力剤は、違いをよく知った上で使い分けを行うことが大切です。

増大サプリはペニスサイズアップのみを目指している

ペニス増大サプリは、精力剤と間違えられやすいですが根本的な目的が異なっています。ペニス増大サプリを毎日継続して服用したからといって、男性特有のムラムラ感や勃起力が高まることはありません。

ペニス増大サプリは性欲とは無関係に、ペニスサイズアップのみを目的として開発されているわけです。

確かに勃起が長時間継続すればペニス増大に大きな助けとなります。ペニスは海綿体部分に滞留する血液の容積次第でサイズが決まるので、海綿体を構成する多数の血管自体が拡張するか成長することでペニス増大に繋がるわけです。

ペニス増大サプリの多くに含まれるL-シトルリンとL-アルギニンの役割を正確に理解することが何よりも先決となります。

L-シトルリンは血管拡張作用をもたらす

ペニス増大サプリの大半に含まれるL-シトルリンは、血管拡張作用を持つ成分であることが知られています。

スイカの種から発見された成分ですが、血管拡張作用が起こるとなぜペニス増大が起こるのか理由を知れば成果に納得出来るはずです。

多くの血管が集まって出来ているペニス内の海綿体は、多くの血液を蓄えることでペニスを勃起させます。

血管で出来ている海綿体は、血管が伸縮性に富んでいることから、血管拡張作用を持つL-シトルリンにより長時間半勃起が続くことで海綿体の最大容量が増えるわけです。

血管は新たに伸びたり継続的な血管拡張作用は、血管自体の成長を促すことにも繋がります。

L-アルギニンは成長ホルモン分泌促進作用がある

ダメージを受けた血管の修復時には、成長ホルモンの役割により更に補強された血管が作られます。

L-アルギニンは成長ホルモン分泌促進作用を持っているので、22時~翌2時の間に特に多く分泌される成長ホルモンを増やす効果が期待可能です。

毎日一定時間に服用することで、L-アルギニンによる成長ホルモン分泌促進作用が毎日継続して作用すると、半勃起状態継続により負荷がかかるペニス内の血管拡張が細胞レベルで行われるようになります。

血管が破れるとダメージが大きくなるので、順次重要な血管を補強して行きます。

精力剤は勃起力強化が目的

滋養強壮成分を多く含む精力剤は、ペニスの勃起力を高める作用を狙った成分が配合されています。精力剤にはペニス増大効果は無く、男性の性欲を高めて勃起力強化に特化した内容となっているわけです。

女性とのセックスを行う際には、しっかり勃起していなければ挿入時に中折れしてしまいやすくなります。

日本古来の精力剤だけでなく、近年研究が進んだ成分を使った製品まで数多くの精力剤が販売されている状況です。

しかし、日本古来の動物系成分よりもハーブや生薬といった植物系成分の方が精力剤としての効果を発揮しやすいことが分かっています。

精力剤を選ぶ際には、科学的根拠の有無も同時に確認すると良いです。

日本古来の動物系成分は気持ち的に効いていると思える

薬局の宣伝で見かける精力剤は、スッポン・マムシ・蜂の子といった動物系成分が中心となっています。

いかにも滋養強壮に良い材料となっていますが、具体的な成果については科学的な検証が行われていないという状況です。

海外では動物系成分が精力剤として使われていないので、日本特有の精神面に働きかける要素が強いものとして判断されています。

滋養強壮に良さそうというイメージは、精力剤にとって勃起力が高まる要因になるわけです。

植物系成分は科学的な根拠に基づき配合されている

植物系成分として知られるマカ・クラチャイダムにミネラル成分である亜鉛を加えると、理想的な精力剤の成分となります。

マカは古来よりアミノ酸・ビタミン・ミネラル成分が豊富に含まれているので、勃起を阻害する疲労を回復する効果が期待可能です。

クラチャイダムは、男性ホルモンとして知られるテストステロンの分泌促進作用があるので、男性ホルモン自体を増やすことで勃起力を高めることになります。

ミネラル成分の亜鉛は、精子を生産する際に使われるだけでなく男性機能を高める役割を持ちます。

精力不足・勃起力不足・性欲自体の欠如を改善する際には、亜鉛の摂取も忘れてはなりません。

増大サプリに精力剤の成分が含まれている製品がある

従来はペニス増大サプリに精力剤の成分がほとんど含まれていませんでしたが、近年販売されているペニス増大サプリには、精力剤の成分が入っているものが登場しています。

ペニス増大サプリには、L-シトルリンとL-アルギニンを主成分としているので、寝ている間に半勃起状態を維持出来れば血管拡張作用を更に高めることが可能です。

精力剤を同時に服用すれば、勃起力がアップした状態でペニス増大サプリの効果として徐々にペニスサイズがアップします。

女性とのセックスに対して自信が高まれば、更に性欲を掻き立てられる女性と知り合いになれる機会も増えるので、結果的にペニス増大効果が高まるわけです。

2カプセル以上のタイプなら成分を細かく確認してみよう

ペニス増大サプリは、主成分に加えて補助成分に精力剤を含めることでペニス増大率を更に高めようという傾向が強まっています。

主成分のL-シトルリンとL-アルギニンを1カプセルに配合して、別のカプセルに精力剤を濃縮して入れるという方法です。動物系と植物系成分を分ける場合には、3カプセル方式となるケースも多いです。

最終的には、補助成分として配合する精力剤が本人の体質に合っていれば、ペニス増大サプリは威力がアップするでしょう。主成分の配合量を減らすことなく全体の成分量を増やすためには、複数カプセルになることは否めません。

ペニス増大に成功した後で、精力剤部分だけ継続したい時には、成分を参考にして精力剤を選べます。

ペニス増大サプリは継続して数ヶ月以上服用する製品です

ペニス増大サプリは、体質改善によりペニス増大を目指す製品ですから、継続して数ヶ月以上服用することが前提となっています。

国内GMP認定工場で生産している製品ならば安全性が高いですが、海外からの並行輸入品を購入する際には成分表を確認しなければなりません。

なぜなら、主成分のL-シトルリンとL-アルギニンは問題なくても、精力剤に相当する補助成分にED薬が含まれている危険性があるからです。

ペニス増大サプリ自体には勃起力を高める成分が入っていないからといって、補助成分に精力剤を入れずにED治療薬を入れている製品を服用すると副作用のリスクが高くなります。

ペニス増大サプリと精力剤は、数ヶ月以上に渡り継続して摂取するからこそ、安全性重視で選ぶ必要があります。

ペニス増大サプリ ランキング

関連記事

NO IMAGE

ペニスを大きくするためのトレーニング方法について

NO IMAGE

早漏を治すためのトレーニング方法について

NO IMAGE

もう大丈夫!継続は力なりでペニスの大きさが改善できる方法

NO IMAGE

日本人のペニスの平均の長さは?海外と比べると小さいのか?