早漏を治すためのトレーニング方法について

早漏に悩む男性は多く、女性とうまく付き合えないほどコンプレックスになっているケースもあります。

女性に早漏を指摘されたらそれこそ立ち直れなくなってしまいますよね。

しかし、早漏を改善するためのトレーニングも存在し、工夫や努力で改善することも可能になっています。

早漏の場合は早漏になりやすい要素が重なっているケースが多く、それを一つ一つ改善していけば自信が持てる状態になるからです。

今回はペニス増大と早漏対策の両方に効果があるといわれるトレーニングなども紹介していきます。性生活に不満がある場合はまず軽く流し見るだけでもプラスになるかもしれません。

呼吸法の改善だけで早漏が直ることがあるって本当?

早漏を治したいのであれば呼吸のリズムを確認するのがおすすめです。

している最中は自然と息が荒くなりがちですが、無意識に呼吸を絞り込んでいるケースがあるからです。

呼吸が浅くなると性的な感覚に集中しやすくなるため、それだけイクスピードが速くなってしまうケースがあります。無意識に呼吸が浅くし、回数を増やす呼吸法が癖になっている男性は多いのです。

たとえば気持ちがよくなってきた際に呼吸を意識して息を大きく吸い込むだけで気がまぎれることがあります。深呼吸ほどではないにしても、呼吸を意識することで早漏が改善される場合もあるのです。

気持ちよさに集中し過ぎないこともSEXを楽しむポイントになるのです。

気持ちよさに集中できるから早漏になるケースがある

呼吸の改善で早漏が改善されることがあるのは、自分の気持ちよさに集中し過ぎてしまう人がいるからです。人間は1つのことに集中すると、ほかの事の優先度が下がっていきます。

結果としてSEX中に気持ちいいことに集中し過ぎてしまい、呼吸が浅くなってしまうようなケースもあるのです。

SEXは激しい運動になるため、後からの疲労が激しい場合は無意識に呼吸が浅くなってしまっている場合も多くなります。

気持ち良さが体の制御力より高まれば必然的に早漏になってしまうため、特に相手がいるときは注意が必要なのです。

オナニーのときに呼吸調整すると変化が良くわかる

早漏改善のトレーニングとして、オナニーのときにわざと大きく深呼吸をするタイミングを作るがおすすめです。深呼吸をすると性的な集中感が薄れ、気持ちよさも薄れます。

気持ち良さが薄れればいきそうになるのも我慢できるため、トレーニングを続ければ早漏の改善に繋がることが多いのです。

呼吸の回数などを調整すれば射精のタイミングをコントロールできるようになります。

最初は深呼吸のように大げさなところからはじめて我慢できる時間を増やし、大げさにならない程度の呼吸でコントロールできるようにしていくのがおすすめです。

SEXがうまい人はインターバルを作っていることが多い

実はSEXがうまいといわれる人は、自分なりのインターバルを作っていることが多いのがポイントです。これは女性の方がイクまでに時間がかかることが多く、男性側が早漏と見られる確率も上がってしまいがちだからです。

意識的に呼吸を整えて頭を切り替え、時間を長くして女性を楽しませることを重視している男性が多いのです。

一呼吸挟んで感覚をリセットできるだけで、一気に射精までの時間がのびることもあります。相手を意識するだけでも射精までの時間が大きく変わるのです。

ペニス自体を鍛えても早漏は改善しない?

早漏で悩む人の中には、ペニスが敏感すぎて射精が早い人もいます。特に多いのが仮性包茎などで日ごろからペニスが刺激慣れしていないパターンです。

刺激慣れしていないことが原因であれば鍛えれば改善するのではと思われがちな部分でもあります。

ポイントになるのがただオナニーをするだけで改善することは少ないということです。むしろ刺激を強くすれば早漏が直るのだろうと思って鍛えた結果、膣圧ではイケなくなってしまうような場合もあります。

実は鍛えるというよりも慣らしていく感覚の方が重要で、過度な刺激よりもコントロールする技術や感覚を身につけた方がプラスになることが多いのです。

包茎の場合は精神的な要因で花瓶になっているケースもあるため、原因を切り分ける意識も大切です。

ペニスを鍛えることは難しいのがポイントになる

ペニスを鍛えるのは難しく、成果に繋がりにくいことは覚えておく必要があります。これはただオナニーを続けることで早漏が改善しないことからも良くわかります。

強すぎる刺激を与えた結果射精障害になってしまう人もいるほどで、性生活に深刻な影響を与える場合もあるのです。

特に床オナニーなどでオナニーを覚えてしまうと、高い圧力をかけることが標準になってしまいます。

習慣的なオナニーは早漏であっても、SEXでは遅漏である場合や、全くイケなくなってしまう場合もありえます。

独自に鍛えようとして失敗する人もいるのです。

代表的なトレーニング方法がカリオナペス

早漏対策に有効なトレーニング方法として知られているのがカリオナペスです。もともとはペニス増大のためのトレーニングとして開発されましたが、早漏改善にも役立つトレーニングとして広まったのです。

特徴的なのはチンコを半勃起状態にすることと、射精をしないで我慢することになります。亀頭を露出した状態でオナニーをして、いきそうになったら刺激するのをやめるというのが基本です。

ペニスの血流を集中させることで勃起時間をキープできるようになるほか、血管を拡張してペニス増大にも繋がるといわれています。

また、続けることで射精のタイミングを意識的にコントロールできるようになるため、途中で止めるなどの判断力がアップするのです。

トレーニングの効果が出るまでは別なもので補うのも方法

早漏改善のためのトレーニングはすぐに効果が出ないものがほとんどです。

トレーニングの結果が出るまでSEXを我慢するのは難しいという人も多く、可能であれば早く治したいという人が多いのではないでしょうか。

トレーニングはトレーニングとして、道具やサプリメントで早漏対策をしていくのも方法です。たとえばコンドームの厚みを返るだけでもペニスの感度は大きく変わります。

また、増大サプリや精力アップアイテムを使うことで早漏が改善されるケースもあります。ペニス血流が集中すれば内側からの力が強くなり、外部の刺激に強くなることもあるからです。

様々なアイテムを併用しつつ、弱点を補って性生活を満喫している人も存在するのです。

コンドームの見直しも早漏対策になる場合がある

コンドームを見直すことで早漏が改善されるケースもあります。薄いコンドームほど生に近い感覚を味わえますが、それだけ刺激が強くなります。

また、自分に合わないサイズを利用することにより締め付けの圧力が加わり、イキやすくなってしまうケースもあります。

早漏だと思う場合は厚めのコンドームを使うことや、勃起した状態にあったサイズのコンドームを選んで調整することも大切なのです。

増大サプリなどを利用するのも1つの方法

増大サプリなどを利用すると、射精はむしろ早くなるのではと考える人がいます。

しかし、増大サプリは血管を拡張し、血流をペニスに集中させることをメインとしたものが多くなっています。結果として内側からの圧力が強くなり、外からの刺激に強くなることがあるのです。

ただし、使いすぎると勃起に痛みを伴うようになってしまう場合などもありえるため、あくまで適量を守ることも大切になります。

ペニス増大サプリ ランキング

関連記事

NO IMAGE

ペニスを大きくするためのトレーニング方法について

NO IMAGE

もう大丈夫!継続は力なりでペニスの大きさが改善できる方法

NO IMAGE

増大サプリと精力剤の違いとは?

NO IMAGE

日本人のペニスの平均の長さは?海外と比べると小さいのか?