もう大丈夫!継続は力なりでペニスの大きさが改善できる方法

“ペニスが小さい“という悩みは女性にはない性の悩みになります。

男性の場合ペニスが大きければ大きいほど“男らしい““裸が自慢できる“などといった自信にも繋がるものです。

ですが反対にペニスが小さいと自信に繋がるどころか小さいということがコンプレックスに感じ、「小さいのが悩みで好きな人と行為をするのが怖い」「温泉は好きだけど他人に小さいペニスを見られるのが恥ずかしい」といった後ろ向きな発言しか生まれてきません。

また、ペニスの大きさに悩み過ぎている男性は女性との交際を避けていたり、中々行為に踏み込めず女性からフラれてしまうなんてこともあります。

ペニスの大きさに自信がない人の中にはもう諦めて開き直ってしまっている人も少なく無いでしょう。

ですが、継続することでペニスの大きさを改善することができるので、ペニスの大きさに悩んでいる男性は是非試してみてください。

本当にあなたのペニスは小さい?まずはサイズを知ることが大切

周りに居る男性がたまたま大きいペニスを持っているだけで、本当はあなたのペニスは一般的ということはないでしょうか?

パッと見だけでは正直大きさは分からないものです。

例えば温泉に行き、温泉を利用している他人のペニスを見たときに「あの人のペニスおっきい」「俺もあの位欲しい」などと思った経験はありますか?

もしこういった経験がある場合、他人のペニスはそれほど大きくなくても“俺のペニスは小さい“という思い込みから他人のものが良く見えてしまう場合もあります。

「隣の芝生は青く見える」といった感じで、よく知らないことだからこそ他人のペニスが大きく見えていたりもします。本当に自分のペニスの小ささに悩んでいる場合はまずは自分のペニスのことをよく知ることが大切です。

よく知ることで今まで悩んでいたことが嘘かのように今解決するなんてこともあります。

自分のペニスのサイズを知る

ペニスの測り方が間違っていると大きさが大きく変わってしまいます。正しいペニスの測り方は、“上から抑えた状態で測る“ことです。

勃起をしていない時はペニスを手で持ちあげて水平の状態で測ります。

勃起時は上に向いている状態で測るのではなく、勃起をしていない時のように水平にして測ります。

ペニスの下に定規等を入れて測るのではなく、ペニスの上に定規等を置いて測ります。

日本人の平均的なペニスの大きさを知る

日本人のペニスの平均サイズは、勃起をしていない時は8cm以下、勃起をしている時は12.5cm以下になります。ちなみに外周は勃起をしていない時は約7cm、勃起をしている時は約9cmが日本人の平均です。

これは街頭アンケートなどで決められた平均的な大きさではなく、泌尿器分野の国際機関が2015年に正式に発表した日本人の平均的なペニスの大きさです。

平均的な大きさなのでこれより小さいからといって“小さいペニス“という訳でもありません。1cm、2cm位の差であればそれほど気にする必要はないでしょう。

改善方法は2つある

小さいペニスの男性の場合「大きくなる方法があればみんなおっきいよ」「簡単におっきくなるわけがない」などと、投げやりになってしまっている男性も少なく無いと思います。

ですが毎日の継続で少しでも今より大きいペニスになる方法があれば試してみたいと思いませんか?

毎日の継続で少しでも今より大きいペニスになれば自分のペニスにかなり自信が付きますよね。自信が付くことで今まで「小さいのが恥ずかしい」と感じていたことが日に日に改善されていきます。

改善方法は2つあるので、自分に向いている方、もしくは両方試してみてください。

トレーニング

“トレーニング“というとなんだかちょっと大げさのように感じますが、通称“チントレ“というトレーニングをすることでペニスの大きさが改善されます。

ペニスには“海綿体細胞““下腹部から繋がる筋肉““ペニスを支える筋肉“の、これらの3つの力で構成されています。トレーニング方法はとても簡単で、足を肩幅より広く広げ、つま先は斜め45度に外側に開きます。

そして膝がつま先と同じ方向に向くようにし、膝が90度位になるまで腰を落とすことを30回程繰り返すだけです。

このトレーニングを毎日欠かさず行うことで下腹部が鍛えられてペニスが成長します。

一気に30回をやろうとすると3日坊主になってしまうので、慣れるまでは数回に分けて1日で行ったり、慣れるまでは回数を減らして毎日トレーニングを行うといいでしょう。

サプリメント

サプリメントを毎日欠かさず飲むことなら忙しい方や、面倒くさがりの方でも毎日続けることができます。ペニスを大きくするサプリメントには様々な商品がありますが、“シトルリン“と“アルギニン“という成分が必ず配合されています。

これらはペニスの血流をよくさせる成分や、成長に必要な成分や精力を増やす効果がある成分になります。

なので、シトルリンとアルギニンの成分が配合量が多いサプリメントを選び、購入すると効果もより感じられます。

ドラックストア等でペニスを大きくするサプリメントを購入することに抵抗、恥ずかしさがある方は通販で購入すると恥ずかしい思いをすることなく手軽に購入することができます。

食生活の見直し

「ペニスに食生活なんて関係ないでしょ!」と思う方も居るでしょう。

冷え性改善や浮腫み改善など、様々な原因を改善するにはやはり“食生活“が重要になってきます。体関係のことは全て食生活が重要となっていて、体の一部でもあるペニスもやはり食生活でペニスの改善に繋がります。

ペニスの大きさに悩んでいるのであれば毎日コンビニでご飯を買うことや、外食、夜ご飯をお酒だけで済ませてしまうことやインスタント食品や偏り過ぎている食事は辞め、食生活を見直して改善に繋げていきましょう。

ひどすぎる食生活を送っている場合、食生活を見直すだけでもペニスの状態が変わることもあります。

食生活の見直しが必要な理由

ペニスが勃起するのは“血液が海綿体に流れ込むこと“でおきます。勃起に血液が関係しているということは“血液の循環を良くする“必要があります。

血液の循環が良くないと正常な勃起すらできなくなってしまいます。

そうなってしまうとペニスの大きさ以前に勃起をしないことが悩みになってしまいます。そのため、日頃の食生活がペニスの大きさに大きく関わってくるのです。

効果的な食べ物

血液の循環を良くすることも大切ですが、精力を増やすことも大切になってきます。

身近な食べ物だとニンニクやニラ、玉ねぎ、オクラや納豆、モロヘイヤといった粘りのある食べ物も効果的です。ニンニクには性機能や性欲向上に必要な栄養素“亜鉛“が豊富に含まれているので積極的に摂るといいでしょう。

そして玉ねぎは“アリシン“という成分が豊富に含まれており、この成分は血管の若返りや加齢による精力の衰え改善にも効果的です。

そしてオクラや納豆、モロヘイヤといった粘り気のある食べ物は精力が付くだけではなく、体の中から元気にしてくれます。どれもスーパーやコンビニ等で手に入りやすい食材なので、今日からでも取り入れられる食べ物です。

ですが、どれも臭いが強い食べ物なので食べる場所や日を気にしましょう。

ペニス増大サプリ ランキング

関連記事

NO IMAGE

ペニスを大きくするためのトレーニング方法について

NO IMAGE

早漏を治すためのトレーニング方法について

NO IMAGE

増大サプリと精力剤の違いとは?

NO IMAGE

日本人のペニスの平均の長さは?海外と比べると小さいのか?